「黒参」高麗人参で健康百寿を延ばそう!

高麗人参「黒参」8の効用

① 不老長寿・・・関係する成分「サポニン」(Crude Saponin)
高麗人参を飲むと、最初に甘みを、その後には苦味を感じるが、この苦味が「サポニン」といわれるもので、石鹸のラテン語「sapon」からつけられた名前です。サポニンは血圧を下げる効果と血栓を防ぐ効果など滋養強壮作用の重要な有効成分であるといわれています。
私達の身体には免疫という自らを守ろうとするシステムが備わっています。このシステムには怪我などをしたときに白血球が作用して傷口から入るばい菌などの侵入を防ぐ自然免疫と、強力なウイルスなどに対応する獲得免疫の二種類があり、ウイルスのように外から入る異物にたいしてリンパ系細胞が攻撃してくれます。
一旦そのようなウイルスと戦うことにより、リンパ球は抗体をつくり、再度同じウイルスが入ってきても、その抗体がすぐに対応して処理してしまうのです。
高麗人参を飲用すると「不老長寿」と言われるのは、人の免疫機能が力強く働くからである。つまり、高麗人参には人の免疫機構に異常が起こったときに、それを正常化させる力を持つので自己免疫疾病患の人が高麗人参を服用すると治りが早いのです。

黒人参家「黒参丸」に含まれている成分  「 サポニン(270mg/g~334mg/g)」 

人参サポニンを各種癌患者に投与して自覚症状の改善, 血液の回復及び癌進展の抑制效果を確認。
〓出処 :日本 久山博士

人参の服用頻度と癌の発生率の関係を調査した結果によれば人参を長期服用するほど癌発病率が確実に落ちるという調査結果から長期間利用すると癌予防に效果があることがわかるようになりました。
人参を服用するようになれば主要活性成分であるサポニンは腸内の細菌によって代謝を受けるようになります。この腸内の細菌代謝物(IH-901)は癌細胞転移抑制作用および発癌抑制效果また Cisplatine 抵抗性細胞に対して強い坑癌效果を表します。
研究結果に比べて見てみると人参を服用すればさまざまな成分によって坑癌作用を複合的に表しますがサポニンの場合は腸内細菌によって活発になった代謝物で強力な坑癌作用を表します。人参を長期服用するほど腸内の代謝が活発に成り立つという点は癌の予防および治療に代謝物質が作用していることを示す、重要な手がかりと言えます。

 

② 抗がん剤に匹敵・・・・関係する成分「Rh2・Rh1・Rg3」
ガンは大きくなったり、移転をしたりして、身体を破壊していく怖い病気です。ガン細胞が増加すると、ガン細胞から毒素が排出され、貧血、めまい、食欲減退があらわれ、そして痩せ衰えていきます。
高麗人参は人参のもつ広範な薬理作用からガン細胞に対する直接作用はともかく、ガン患者の生活の質の向上、病状の改善などに有効である事が知られています。高麗人参には、抗がん剤と併用すると、自然治癒力が高まるとともに、ガン患者の病状改善とガン治療における副作用を緩和してくれる作用があります。
また、高麗人参には、血栓を予防し、溶かしてくれることで、血流が改善され、痛み軽くし、ガン組織に薬がよく浸透するようになるのです。

黒人参家「黒参丸」に含まれている成分 「 Rh2(2.4mg/g)・Rh1(1.5g/g)・Rg3(11.0~15.0mg/g) 」

高麗人参は癌患者の免疫機能を増大して体の抵抗力を増強します。するから癌細胞の成長および他の臟器に転移することを抑制し, 手術後、再発防止に卓越な效能を表します。
高麗人参エキスを胃癌, 膵臟癌, 大腸癌, 乳房癌等の癌患者に3-6ヶ月以上長期服用して臨床観察した結果、患者の 69.7%が癌の進行、 発育を抑制。
〓出処 : 日本富山県立中央医院

 

③ 脳卒中(脳出血・脳梗塞)の予防と治療・・・関係する成分「Rg2」
日本人が亡くなる三大疾病の中に脳卒中と呼ばれているものがあります。脳卒中の中に、脳出血・脳梗塞があります。40歳以降は特に注意しなければならない病気です。脳出血は頭の中で脳の細かい血管が破れて血液が出てくるもので、血液中の血小板の作用で血液が脳の中で固まってしまう病気です。一方、脳梗塞は、脳の血管内で血栓が生じ閉塞する「脳血栓症」と、心臓の中の血栓が脳まで運ばれ脳の血管を閉塞する「脳梗塞症」の二種類があります。
高麗人参には、血小板の凝集を防ぎ、溶かす作用があることと、脳出血の予防と治療に効果があるのです。
黒人参家「黒参丸」に含まれている成分 「 Rg2(1.24mg/g)」

④ 高血圧を低下させて低血圧症を回復・・・関係する成分「Rg1」
高麗人参を飲用すると血圧が高くなると思い込んでいる人がいるようですがそれは誤解です。
高麗人参には血圧を下げる効果と血栓を防ぐ効果があります。つまり、血液循環が改善されて血圧が下がるのです。高麗人参には、高血圧を下げ、低血圧を上げる両面の調節作用があるといわれています。低血圧症の人は、血圧が低いだけでなく、体温が低く目覚めが悪く、脱力感、めまい、不眠などの自覚症状があります。高麗人を飲用することで、血液の循環が改善され心臓の動きが活発になり、その結果、身体のすみずみまで血液が行き届くようになるのです。

黒人参家「黒参丸」に含まれている成分 「 Rg1(trace) 」

⑤ 肝臓障害の改善・・・・関係する成分「Re」
体重の3%の重さと言われている肝臓は身体の中で一番大きな臓器である肝臓は、肝臓の65%が損傷しても機能し続けます。その為、病気になっても気がつかない場合が多く事で知られています。アルコールやストレス、タバコや疲労などにより肝障害を与えます。食べ過ぎによる肥満やアルコールを多く摂取する事が原因で脂肪肝になり、最悪、肝硬変や肝臓ガンに進展する恐れがあるのです。高麗人参は、お酒を飲む前に服用すると、酸素の活性化を促し又、アルコールを分解してくれるのです。

黒人参家「黒参丸」に含まれている成分 「 Re 0.064mg/g 」

⑥ 更年期障害の解消・・・・関係する成分「Rd」
女性の更年期障害は女性ホルモンの減少が原因となり、さまざまな症状(のぼせ・発熱・動悸・ゆううつ症・精神症・頭痛など)の更年期障害があります。更年期障害の治療として、女性ホルモンのエストロゲンや安定剤、ビタミン剤を投与する事が一般的な治療とされています。
しかし、これらの治療は、人体に対して負担が大きく少なからず身体に悪影響といった使用上の問題点が少なくない。その点、高麗人参は、更年期障害の全ての症状に効果があるわけではありませんが、副作用が見られず症状を緩和してくれると言われています。

黒人参家「黒参丸」に含まれている成分 「 Rd 0.11mg/g 」

⑦ 糖尿病の改善・・・・関係する成分 「Rb2」
通常は、食べたものがエネルギーとなりますが、糖尿病になるとエネルギーとして使えなくなり
エネルギー不足となり疲れやすく、手足のしびれや、毛細血管の障害により視力が落ちたりします。また、合併症をおこすこともあります。糖尿病の薬としてインシュリンがよく使用されているが高麗人参にも同じ効果があり又、副作用も見られないのです。
高麗人参を服用すると身体にある細胞が血液中の糖を取り込み、身体に必要なエネルギーへ転換してくれるのです。高麗人参は血糖値を下げるばかりでなく過血糖を抑制する「調節機能」も備えているのです。
但し、インシュリンを体内でつくらず尿中の血糖値が異常に高い若年性糖尿病の場合には、それほど高麗人参には期待はできないものの、疲れやむくみなどの症状の改善は見られます。

黒人参家「黒参丸」に含まれている成分 「 Rb2 0.18 4mg/g 」

⑧ ストレス解消に役立つ・・・関係する成分「Rb1」
今日の現代社会で生きていくのには、ストレスはつきものであるがストレスと向き合い、上手に共存していくことが必要不可欠です。
ストレスが原因で胃がきりきりと痛くなったり、食欲不振や便秘の原因にもなります。
高麗人参には心を鎮める作用や大脳皮質の興奮を抑制し鎮静させる作用があります。
また、高麗人参には、自律神経のバランスを調整しストレスを緩和させるなど優れた効果を発揮してくれます。

黒人参家「黒参丸」に含まれている成分 「 Rb1 0.062 mg/g 」

※ 黒人参家「黒参丸」に含まれている成分数値については、商品毎により若干の違いはあります。予めご了承ください。

TOPページへ