「黒参」高麗人参で健康百寿を延ばそう!

黒参とは

黒参とは・・・・高麗人参の紅参をはるかに超えた「黒人参家」の黒参
9回蒸して、9回乾かすことにより他の高麗人参にはないRG3とRh2が引き出されたのが黒人参家「黒参丸」!

韓国の朝鮮王朝時代の『王室秘法』黒参を再現させる事が出来る製造機を発明!(特許取得)
王室秘法とは、「黒参」を作る為に高麗人参を「9回蒸して9回乾かす」作業を50日間かけて作るのですが「黒参」を完成させるには非常に難しく王様にしか飲用する事が出来なかったと伝えられています。
不老不死の薬を調剤するときに薬剤の持つ効果を最大限に引き出す為、独自の製造方法で高麗人参を「9回蒸して9回乾かす」方法で作られたのが黒人参家「黒参丸」です。
因みに、従来の紅参の高麗人参は1回蒸して、1回しか乾かしていないと言われています。

 

大阪大・薬学部、北海道大・医学部、佐賀大・医学部や元北里大学薬学部助教授・韓国の中央大学(人参研究所)などからギンゼノシトRg3(当社黒参丸は、11mg/g以上含有)ががん細胞の転移、浸潤を抑制する作用を持つことが証明されています!
高麗人参エキスが細胞特有の食欲減退毒素トキソホルモンの毒素を抑えて延命効果をもたらし、その有効成分はサポニン郡(ギンゼノシトと呼ばれる)であることはよく知られています。
金沢医科大よりギンゼノシトRh2を発育培地に10mg/ml添付することによりルイス肺がん細胞は97%、モーリス肺がん細胞は76%増殖が抑制され正常細胞化されることが明らかにされました。
また、大阪大・薬学部、北海道大・医学部、佐賀大・医学部などからギンゼノシトRg3ががん細胞の浸潤、転移を抑制する作用を持つことが証明されました。
臨床的にも富山県立病院から、手術で病巣全部の除去困難で再発を始めた胃、膵臓、大腸、乳房のがん患者43例に人参総サポニン 50mg(当社黒参丸は270mg/g以上含有)を3から6ヶ月投与し、69.8%のがんの進行発育を阻止したと報告されています。

(詳細:大阪大 Rg3 検索)

3_kuro.jpg
TOPページへ